「卒業生が語る、BBT大学の全体像まとめ」の全ページについては、これからBBT大学へ出願される方にPDF資料でお送りします。以下のGoogleフォームより申請をお願いします。 (30秒ほどで完了します)

BBT大学まとめ
https://docs.google.com/forms/d/14GzhuO7l-l0NfKaqestzFiqKbjw-Rk0zJYVjlYw8tsE/viewform

2014年12月21日日曜日

高校生・浪人生向け!BBT大学進学を親に反対されたらどうするか

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は割と真面目な内容でいきます。高校・浪人生、又は大学を中退してBBT大学に入学する人が入学前にぶち当たる壁、それが親です。ある程度の割合で家族の反対にあいます。

家族の反対にあわないケースは大抵の場合父親がBBT大学院OBか大前研一氏について十分な理解がある場合です。その場合、反対にあわないどころかBBT大学を進められることがほとんどでしょう。

ただし、家族の反対にあっているケースが少なくないので、そんなつまらない出来事を少しでも無くしたいと思い、以下内容を書いていきます。

目次:
■過去のケースを見てみる
■そもそもなぜ親は反対するのか?
■親が子供の進路を決めるデメリット2つ
■強調して伝えておきたいこと
■終わりに

■過去のケースを見てみる


過去のケースとはいえ、絶対数が大きくないのである程度身の回りを見て判断してみます。

-熱意で押し切るパターンがほとんど(宮川総研調べ)


ほとんどは熱意で押し切るパターンですね。私もそうでした。同級生もサイトウユウタもそうだったようです。BBT大学に入って勉強したい、という熱意を何度も何度も親に伝えればきっといつか賛成側についてくれるのではないかと思います。まぁ、何だかんだで難しいですが。

私の場合は、入学後も「前の大学だったら国立で良かったのに(云々)」などと言われ続けました。4年生になった辺りからは言われなくなった記憶があります(汗)まぁ、そんなことを言われても仕方がないので、スルーする力を身につけられたので良かったとは思っています。

-父親か母親のどちらかを味方につける


父親か母親のどちらかを味方につけると話が早いかもしれませんね。私が知っている中では1人、こういう戦略でBBT入学に進めた人がいます。両親とも反対だと壁が厚いですが、片方が賛成に回ってくれると、結構スムーズかもしれません。母親・父親・自分の3者であれば過半数を取れますし。

■そもそもなぜ親は反対するのか?


多分この問いが重要です。色々あるとは思いますが例として3つ挙げます。

-卒業後が不安


これはほとんどの親に共通すると考えられます。まぁ卒業生がどうなっていくか現段階ではまだ分からないので仕方がないかもしれません。ただし、卒業後どうなっているかは本人次第です。行きたかったBBT大学を断念して別の大学で中途半端な4年間を過ごした方がその後の人生不安ではないでしょうか。

ちなみに18~20歳でBBT大学に入学した卒業生を見ていると、何だかんだで自分の意志で選んだ道を歩んでいる印象です。イキイキとしている感じがします。(ね!佐々木あやとか斉藤ゆうたとか!)

-インターネットで勉強?イメージがつかない


ブログ記事を書いたので読んでみて下さい。
「よく分かる!BBT大学・大学院の「オンラインで学ぶ」を具体的に説明してみた」

-コミュニケーション力がつかないのでは?


これは完全に誤解ですね。
オンラインでのコミュニケーションが活発であるのはもちろん、BBT大学のオフィシャルなイベントでもリアルでたくさん行われています。例えば若い学生向けのイベントだと、入学後すぐくらいの時期に2泊?くらいの合宿があります。私が入学した2010年には無かったイベントです。今は若い学生も多く入学してきているので、合宿を通して固い絆が結ばれているようです。

あとは忘年会などで年代・性別問わず、仲良くなれるきっかけが待っています。




参考:
「写真あり!BBT大学の忘年会が行われました」


■親が子供の進路を決めるデメリット2つ


これは反対意見もありそうですが一応書いておきます。

-親から見た過去の成功パターンで物事を見ている可能性


親が子供に進める進路は、親の時代の成功パターンであるケースがあり得ます。良い大学に入れば一流企業に入れて定年まで働く・・・今の時代は当てはまりませんね。親が全面的に間違っている、ということはないでしょうが、全てが正しいわけでもないことを意識しておいた方がいいですね。(尊敬する・しないとは別の話です)

-本人が納得のいく人生を送れない可能性


親が決めた選択をした場合に起こりうることとしては、「これでよかったのか」という後悔の念が生まれる可能性があるということです。自分で選んだ道であれば、失敗しても成功しても受け入れられると思いますが、親が決めた選択をして失敗したと思っていても、いつまでも親に文句を言えるとは限りません。

■強調して伝えておきたいこと


自分の人生を決めるのは自分です。周りの人のアドバイスに耳を傾けるのは良いですが、妥協して「親が言うから仕方なくXX大学にしようかなぁ」というのは自分の人生を決めていないことになります。色々悩むことも多いと思いますが、自分の人生を決めるのは自分です。悔いのない決断をしていきたいですね。(それでも悩みが消えないようならメールでも下さい)

■終わりに

BBT大学・BBT大学院を受験予定の方向けに、紹介制度があります。受験予定の方は下記リンクをご確認下さい。

BBT大学を受験予定の方→「2015年春期にBBT大学受験予定の方!紹介制度で推薦できます
BBT大学院を受験予定の方→「BBT大学院!2015年春期受験者向けの紹介制度のご案内

0 件のコメント:

コメントを投稿