「卒業生が語る、BBT大学の全体像まとめ」の全ページについては、これからBBT大学へ出願される方にPDF資料でお送りします。以下のGoogleフォームより申請をお願いします。 (30秒ほどで完了します)

BBT大学まとめ
https://docs.google.com/forms/d/14GzhuO7l-l0NfKaqestzFiqKbjw-Rk0zJYVjlYw8tsE/viewform

2013年1月3日木曜日

BBT大学での勉強に必要な時間

このエントリーをはてなブックマークに追加
BBT大学というと、他に似たような大学もなく、言ってみれば得体の知れない大学だろうと思う。

そのため、BBT大学に入学したらどのくらいの勉強時間が必要なのか、またどのくらい難しいのかはみなさんの気になるところだろうと思う。

そこでまず、1週間に最低必要な時間を見積もってみた。例としては私の今期のある1週間を参考にしてみようと思う。

まず、勉強は講義を受講する時間と課題にかける時間がある。講義は以下の6つ。

  1. グローバル経済と経営3
  2. プログラミング(Ruby)
  3. English Business Communication2(略記:BC2)
  4. 問題解決応用2
  5. モバイルコミュニケーション
  6. 新興国ビジネス事例研究


講義にかかる時間は、


  1. 2.0時間
  2. 2.6時間
  3. 1.0時間
  4. 1.7時間
  5. 1.3時間
  6. 2.1時間

計およそ11時間
課題にかかる時間は、
  1. 5時間~
  2. 0時間~
  3. 2時間
  4. 1時間~
  5. 2時間~
  6. 2時間~
計およそ12時間~

合計:約23時間

これはあくまで最低のラインで、これで十分だというわけではない。また、履修する科目数や科目の重さ(課題の量など)にも左右される。よって、この最低ラインの時間数を常に確保できないのであれば、残念ながら現段階でBBT大学に入学するのはやめておいた方が良いと思う。

ただし、出張や旅行などで特定の1週間に全く勉強できなくとも、帳尻合わせができそうであれば、それはもちろん大丈夫。

23時間となると、平日2~3時間勉強すれば10~15時間、土日のどちらかに集中的に勉強する日を作れば十分確保できる時間数ではある。

講義はiPhoneなどでも視聴できるので、すきま時間を活用することも十分に可能だし、ぜひともすきま時間を活用したいところ。そういうわけで、よっぽど忙しくて「勉強してる暇などない!」という人を除けば、勉強時間の確保は不可能ではないと思う。

社会人の人はある程度覚悟する必要はあるが、入学を検討しているということは、覚悟ができているはず。(もしも勉強に必要な時間について不安が残るという方は、遠慮なく 相談の問い合わせをいただければ対応します)

0 件のコメント:

コメントを投稿