「卒業生が語る、BBT大学の全体像まとめ」の全ページについては、これからBBT大学へ出願される方にPDF資料でお送りします。以下のGoogleフォームより申請をお願いします。 (30秒ほどで完了します)

BBT大学まとめ
https://docs.google.com/forms/d/14GzhuO7l-l0NfKaqestzFiqKbjw-Rk0zJYVjlYw8tsE/viewform

2012年7月24日火曜日

BBT大学と留学

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在BBT大学ではアメリカへの語学留学プログラムがあり、アメリカ留学にしてはそれほど高くない料金設定になっている。コースによって異なるが、7週間のプログラムがメインのようだ。

私はまだそのプログラムに参加していないので感想は書けないのだが、同級生が夏からその留学プログラムに参加するようなので、感想を聞いてみなさんにシェアしたいと思う。

BBT大学の正規の留学プログラムの話はここまでにして、ここからは個人的に参加する留学について考えてみたいと思う。(以下は、働いていない専業学生向けの内容となっている)

留学といっても色々あり、英語の語学留学、英語圏で経済などを大学で学ぶ1年単位での留学、はたまた中国語やスペイン語などの第三言語を学ぶ留学もある。

留学先や機関によっても様々だが、フィリピンの英語留学であれば1週間単位で申し込みが可能である。留学先も様々で、アジアやヨーロッパ、最近では南米でスペイン語留学をしたいという声もちらほら聞こえてくる。

ここで言いたいのは、「自分の好きなように大学生活をアレンジできる」ということだ。

普通の大学であれば、休学でもしない限りこのような自由さは得られないと思うが、BBT大学では休学しなくとも自分の意志一つ(と留学費用)で留学ができる。

留学中もBBT大学の勉強は続けられるし、続けなければならない。なかなかハードだとは思うが充実した時間を過ごせるのではないかと思う。

かくいう私も秋以降、英語以外の語学留学を検討しており、学生生活のプランニングをするのが楽しい。海外旅行も自由にできるが、留学という選択肢もあることを念頭においてBBT大学を検討されると良いと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿