「卒業生が語る、BBT大学の全体像まとめ」の全ページについては、これからBBT大学へ出願される方にPDF資料でお送りします。以下のGoogleフォームより申請をお願いします。 (30秒ほどで完了します)

BBT大学まとめ
https://docs.google.com/forms/d/14GzhuO7l-l0NfKaqestzFiqKbjw-Rk0zJYVjlYw8tsE/viewform

2013年9月1日日曜日

BBT生の夏休みの”理想的な”過ごし方(自戒も含めて)

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。
今日から9月ということで、巷では夏休みが終わったところだと思う。しかしBBT大学はここからが夏休み本番。大学の最終課題がひと段落するのが大体8月末で、9月は授業・課題から解放されるからだ。

9月中は課題等もなく、唯一あるのは毎週配信される大前ライブのみである。これに関しても、受講認証は不要なので、見なくても成績に響くこともない。要は全く勉強しなくても何も問題のない期間である。

・・・と言いたいところだが、実際は、全く勉強しないと問題が起きるのである。4~8月(人によっては7月)は毎週のように課題をこなし、個人差はあれど課題を通して頭をフル回転させる時間を多く取ってきたと思う。ここでもしも夏休みにまったく頭を回転させないと、10月の秋期が始まったときに「あれ?頭が回らない・・・春期は当たり前のようにできていた課題が辛い・・・」といった事態になるのである。

そんなことを分かっていても易きに流れるのが人、なのかどうか知らないが、私はこの8月随分と大学院の勉強から遠ざかってしまった。もし9月も同様な1か月を過ごしてしまったら、もう元に戻れないのではないかという恐怖感さえ湧いてくる。

そういうわけで、9月は本来はBBT生の夏休みなのだが、巷の夏休みのスケジュールに合わせて夏休みを終了したいと思う。具体的には、

・毎週の大前学長の科目(トピックディスカッションやRTOCS)
・前期履修したアカウンティングとファイナンスの復習
などに着手しようと思う。

毎週コツコツと課題に取り組む一方で、前期の復習もしないといけない。10月に入って新しい授業が始まったら復習している余裕があるかわからない。そういうわけで、BBT生の夏休みもあまり休んでいる時間はないのかもしれない。(自戒も含めて)

0 件のコメント:

コメントを投稿